遺伝で胸が小さい人でも女性ホルモンを活性化するとバストは大きくなる

バストアップサプリ

 

胸が小さいのは遺伝だからと諦めてる方は意外に多いのではないでしょうか。

 

実際、遺伝もありますが、バストアップは努力によって行うことが可能です。

 

大事なのは規則正しい生活、ストレスのない生活、乳腺やリンパ腺の効率的な刺激、女性ホルモンの分泌です。

 

バストアップにおいて女性ホルモンの分泌は欠かせません。

 

ホルモン量が増えると女性らしさが増しますので、当然胸の大きさにも影響が出てきます。なので女性ホルモンを効率的に分泌する生活を送ることが大事です。

 

知っての通り、ホルモンというのは規則正しい生活をすることで最も効率的に分泌できます。

 

成長ホルモンと同じように、しっかり食べて、しっかり眠ることで分泌されるのです。

 

そして、なによりもストレスの多い生活はしてはいけません。

 

バストアップをしたい方はストレスを極力感じない方が良いです。

 

ストレスを感じるとホルモンの分泌が阻害され、結果的に胸が大きくなりません。

 

遺伝の影響でそもそも小さい胸ですから出来る限り効率的に女性ホルモンを回す必要があります。

 

そこで大事なのが、胸への刺激です。乳腺やリンパ腺を刺激することで老廃物を取り除き女性ホルモンを効率的に取り込めるようにするのです。

 

ここまでで女性ホルモンを効率的に出す方法はご理解いただけたと思います。

 

しかし、女性ホルモンを出すだけでバストアップが出来るかと言われればそうだとは言えません。先ほど、胸への刺激が大事だと言いましたが、そのやり方が最も重要です。

 

胸も脂肪の一種です。

 

つまり、考えずに揉むと燃焼してしまうのです。そのため燃焼させないように乳腺やリンパ腺を刺激する必要があります。

 

あくまでも刺激するのは各線なのです。女性ホルモンを効率的に回し、吸収するために必要なのはこちらです。それを理解していなければ胸の脂肪を燃焼させ、逆に小さくしてしまう可能性があります。

 

胸のことを理解して、理想的なバストを目指してください。

 

バストアップのためにリンパマッサージを学ぶならこちらがおすすめです。
バストアップラボ公式ページ⇒http://bustup-labo.com/