本当のところどうなの?胸を揉まれるとバストは大きくなるのか?について

バストアップサプリ

 

今も昔も、「胸は揉むと大きくなる」という話題は女性の間でよく交わされています。巨乳女性にとっては興味のない話かもしれませんが、貧乳女性にとっては非常に気になるところでしょう。

 

結論から言うと、「胸は揉まれることで大きくなる」のは間違いないのですが、むやみやたらに揉めば良いというものでもありません。要は「胸を刺激(マッサージ)することによって豊胸効果をもたらす」と言う訳ですから、相応のプロセスを経て行うことが必要です。

 

まず、「なぜ刺激を受けるとバストサイズがアップするのか」を説明します。そもそもバストは「乳腺およびその周囲にある脂肪」によって形成されています。脂肪が多ければ多いほどバスト細部も大きいということになりますが、バストが小さい女性は肝心かなめの脂肪の量が少ないことが大きな要因となっています。

 

バストへ脂肪を貯えることが出来ればサイズアップが見込める訳ですか、それには「乳腺」の機能が大きく影響しています。乳腺自体に対する詳細な説明はしませんが、要するに「乳腺を肥大させてより多くの脂肪を蓄えられるようにする」とバストサイズがアップする可能性が出てくるということを覚えておきましょう。

 

乳腺を肥大させるためには、揉む(マッサージ)による刺激は非常に効果があります。だからこそ都市伝説的に「揉めばサイズアップする」という話がある訳ですが、ただ単にマッサージすればいいわけではありません。乳腺は細胞ですから、当然ながら「栄養が無ければ育つことが出来ない」ものです。刺激を与えることは乳腺肥大には良い影響を与えますが、「そもそも乳腺の細胞が成長するための栄養」をしっかりと供給することが必要です。

 

十分な栄養を供給できる環境が整っていて、単にバストへの供給効率が悪い(血流・リンパが滞っている)だけならばマッサージで流してあげれば効果が出る可能性もあります。ただ、そういった状況は稀で、ベースとなる「大胸筋」を鍛えて血流を増加させることから始めなければ効果が出ない場合がほとんどです。