バストアップサプリとピルの併用により、ホルモンバランスが崩れるリスクが高い

バストアップサプリ

 

バストアップサプリには、女性ホルモンの分泌をスムーズにしたり、女性ホルモンに似た働きのする成分は配合されています。

 

バストは女性ホルモンの働きによって大きくなるものですので、分泌がスムーズになったり、似た働きのする成分を摂取することによって効率的にバストアップを行うことができるのです。

 

ただし、バストアップサプリはピルを飲んでいるときには併用しないことが必要です。

 

ピルは女性ホルモンの働きを利用した経口避妊薬になります。

 

摂取することによって女性ホルモンの働きで排卵を抑制して、子宮内膜を変化させて受精卵が着床しにくい状態にし、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくするいう働きがあります。

 

どちらも単体であれば、バストアップをしたり避妊をするのに高い効果を発揮しますが、注意したいのが併用した時に様々なリスクが高まってしまうということです。

 

バストアップサプリとピルとの併用による主なリスク

バストアップサプリとピルを一緒に服用してしまうことによって、生理日数が狂ってしまったり、卵胞ホルモンであるエストロゲンが過多になることによってホルモンバランスが乱れてしまう、子宮内膜などの病気のリスクが高くなったり、副作用として吐き気や頭痛、不正出血などの症状が出ることもあります。

 

ピルには女性ホルモンが含まれているため、バストアップサプリと同時に飲んでしまうことによって体内では女性ホルモンが多すぎる状態になってしまうと考えられます。

 

いくらバストを大きくするために努力したとしても、健康を損ねてしまってはバストアップも意味がないと思います。

 

ピルの服用しているときにはバストアップサプリは飲まないようにし、バストアップサプリを飲んでいる場合には服用をやめるか、ピルを使わないようにすることが大切です。

 

サプリを使ってバストアップしたいという場合には、エストロゲンがよく働く卵胞期に積極的に飲むようにしたり、サプリメントの成分に気をつける、ホルモンの分泌が活発になる夜寝る前に飲んでおくなどの工夫をすることがオススメとなります。

 

また、同時に生活習慣を見直して規則正しい生活でホルモンバランスを整えていったり、バストアップに効果的な食事をする、姿勢を良くしてサイズの合った下着を正しく身につける、バストの土台となる大胸筋を鍛えることなどを行うことでより高いバストアップ効果を得ることができます。